ひこぜん | 新潟・食品名産図鑑

ジャンル:
地域:


ひこぜん

ひこぜん

概要:

Pocket
LINEで送る

ひこぜん(地元の発音では「ひこぜぇん」)とは、新潟県三条市の下田地区(旧・南蒲原郡下田村)に伝わる郷土理料理で越後の五平餅とも言われていて、非常に信州・東海地方の五平餅に似ています。、秋田のきりたんぽとも共通の米の貼り付け焼きおにぎりです。主に新米が出来た秋から冬の郷土料理になります。
かっては山間地区の下田のマタギが携帯食としても持ち歩いていました。
その年出来たコシヒカリを固めに炊いた後に潰してわらじの形に整えて木のへらに刺して炭火で焼いたものです。神様に実りを感謝してささげる神聖な料理でもあり、貧乏な村では限られた日にやっと口にできるごちそうでもありました。
下田地区では『ひこぜぇん祭り』も催されています。郷土料理

hikozen2

ベストシーズン:秋~冬
主な材料:米、味噌、えごま、酒、みりん、さとう
作り方:お米を固めに炊いて潰します。わらじの形に整えて、木のヘラを刺します。炭火でこんがり色がつくまで焼きます。サラダオイルを塗って更に焼きます。、荏胡麻(えごま)を炒ってからすり潰し、酒、みりん、砂糖などと一緒に混ぜた味噌(イグサ味噌と呼ばれてます)を表面に塗ってまた炭火に軽く炙り直して完成です。

ページ上部へ戻る