スケトの沖汁 | 新潟・食品名産図鑑

ジャンル:
地域:


スケトの沖汁

スケトの沖汁

概要: 佐渡沖でとれたスケトウダラをぶつ切りにした漁師の船上料理

Pocket
LINEで送る

|スケトの沖汁

スケトとはスケトウタラのことでたら子の両親になります。スケソウダラ(介宗鱈・助惣鱈)とも呼ばれますが、韓国では明太と言われ明太子はそのたらこを辛子につけた福岡の特産品です。体調約70cm。北太平洋に広く分布し冬に漁獲され、北海道では一番の漁獲量を誇り、重要な漁業資源となっています。日本海側でも広く漁獲されて佐渡沖にも漁場があります。冬将軍とともにやってくる冬の魚です。しかし、その身の評価はあまり高くなく主にすり身で利用されていますが、その卵は評価が高く北海道物は高価です。皆さんはかまぼこでは必ず食しているはずです。
タラはもう一種類マダラが有名ですが、これも真冬の貴重な食材です。通常のタラ鍋はこちらのマダラを使います。スケトウも真鱈もその白子は美味で食通をうならせます。
スケトの沖汁は本来は漁師の船上料理だったのですが、最近は郷土料理として知られるようになりました。佐渡沖でとれたスケトウダラをぶつ切りにして海水で洗い、ネギを放り込んだ鍋を佐渡産の味噌、または塩味で仕上げただけの素朴にして豪快な料理です。 スケトウダラの身は味で評価が今一ですが、この料理ではスケトウダラの本当の美味しさを感じられます。ねぎと味噌とタラの身とたらこが絶妙です。

 

スケトウタラ

スケトウタラ

ベストシーズン:冬
主な材料:材料(4人分):生スケトタラ300g 、長ネギ1本 、にんじん1/2本 、えのきだけ1束、 しいたけ4個 、酒1/2カップ 、水1リットル、 昆布少々、 味噌お好み量
作り方:事前に生のスケソウタラとその白子は湯を全体にかけ臭みをとっておきます。長ネギ、シイタケは縦半分に、エノキダケ、ニンジンは適度に切ります。鍋に水をはり、酒、昆布を入れ火にかけ、沸騰してきたらニンジン、鱈、白子を加えます。そこへ長ネギ、しいたけ、えのきだけを加えます。そして味噌で味を付ければ出来上がりです。

ページ上部へ戻る