氷頭なます(ひずなます)新潟 | 新潟・食品名産図鑑

ジャンル:
地域:


氷頭なます(ひずなます)新潟

氷頭なます

概要: 新潟郷土料理:鮭の頭の酢のもの

Pocket
LINEで送る

鮭大好き県の新潟に伝わる鮭の郷土料理です。その他、北海道、青森、岩手県の沿岸部で食されています。氷頭とは鮭の鼻先の軟骨の部分のことを指していて氷のように透きとおっているためこのように呼ばれるています。なますとは酢であえた和え物の事を指しますが、新潟では年取りの料理として一般家庭で昔から食べられています。冠婚などお祝い事にも欠かせない料理です。
新潟では信濃川・阿賀野川・三面側(みおもてがわ)など地元でとれた鮭を余すことなく使って氷頭なますにしていました。
写真のピンクは菊の花、かきのもとが入っています。いくらを入れるのも新潟らしいところです。

 

鮭頭

ベストシーズン:秋、冬
主な材料:生鮭の頭、塩、酢、大根、砂糖、ゆず、イクラ
作り方:生の鮭の頭部を薄切りにし、塩をして酢で洗いさらに酢につけてしばらく置いた後、荒めに切って洗っておいた大根と合わせて、酢・砂糖・塩を合わせた調味料で和える。好みにより千切りにした柚子の皮をのせたり、イクラをのせてもよい。

ページ上部へ戻る