三条カレーラーメン | 新潟・食品名産図鑑
タグ:
ジャンル:
地域:


三条カレーラーメン

三条カレーラーメン

概要: 三条で生まれたご当地ラーメン

Pocket
LINEで送る

|新潟B級グルメの代表:三条カレーラーメン

背脂ラーメンは燕市が発祥とされていますが、

このカレーラーメンはお隣の三条市で生まれた

地元でこよなく愛されるB級グルメの代表です。

昭和初期にあるラーメン店で始まったとされていて

その発祥店は「東京亭」もしくは

「大黒亭」で始められたという説がありはっきりしていません。

三条は燕と同じく金物のまちであり、

鍛冶職人たちの昼食の出前として人気を博して普及しました。

現在では70店舗ほどの提供店があります。

カレーライス大好き全国4位の新潟県人は正にピッたしのメニューです。

 

三条カレーラーメンは各店によっていろいろ工夫がなされています。

ご飯にかける人参や豚肉、ジャガイモなどが入った普通のカレーライスが

スープになっているものからつけ麺タイプや冷やしタイプ、

普通のラーメンにカレーをかけているものまで様々です。

多くは普通の家庭のカレーにラーメンが入っている感じで、一瞬「あれ!」と思うのですが

それはそれで非常に美味しいのです。

特にジャガイモなどが入っているのは普通のラーメンには考えられないのですが、

不思議と合いました。

背脂ラーメンとの合体タイプもあり、またトンカツを乗せたトンカツカレータイプもあります。

スープのだしも鶏ガラ・豚ガラ・ゲンコツ・煮干・昆布等に

各店舗独自の味付けになっています。

 

しかしながら根本はカレーライスラーメンで、工場が忙しくて残業の職人たちが

家庭の味を恋しくて寵愛したのでしょう。

カレーラーメンは豪雪地帯の冬の寒さに体を温めてくれ、夏の熱い時は体に活力を

与えてくれました。

 

|全国のカレーラーメン

全国各地にはカレーラーメンがありますが、その関係性は明確ではありません。

北海道では1960年代に広まり、苫小牧や室蘭でメニューとして広く定着しています。

また千葉では小見川町(現・香取市)の実之和食堂1950年代から

提供されたとされています。

現在は「かれー麺 実之和」としてカレーラーメン専門店になっています。

大阪南森町駅にもカレーの専門店があり人気です。

カレー専門店のここいちも「麺屋ここいち」を展開しています。

 

 

一押し味わい処:三条カレーラーメン公式ホームページ

ページ上部へ戻る