へぎ蕎麦 | 新潟・食品名産図鑑
タグ:
ジャンル:
地域:


へぎ蕎麦

へぎ蕎麦

概要: 新潟魚沼地区郷土料理でフノリを繋ぎにつかったヌメリのある蕎麦

Pocket
LINEで送る

|へぎそば

へぎそばとは、新潟県魚沼地方の郷土料理で、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使っていることが最大の特徴です。蕎麦をヘギ(片木)といわれる器に盛り付け手出すためにこう呼ばれています。
別名、手振りそば(てぶりそば)とも言われていますが手でたぐられた一口分のそばを「手振り」といいます。

一口サイズで器に盛り付けるスタイルは山形の板そばと類似していますが、板そばは田舎そばを一口サイズにもっています。

魚沼地方は江戸時代より蕎麦切りを食していましたが、この地方は長野とは違って繋ぎに使う小麦を余り生産していませんでした。繋ぎに山郷棒や自然芋などをつかっていましたが、供給が不安定だったためにこの地方の特産の織物の糸を張らせるために使っていた布海苔(ふのり)をたまたま代用に使ったことが始まりとも言われている。一説には江戸時代後期にはじまり各家庭で競い合ったといいます。

もう一つの特徴は薬味です。わさびの代わりにからしを使います。またねぎのかわりにあさつきの球根をつかったりもします。地方で獲れるものや手に入りやすいもので他の地域の蕎麦とはまるでちがった特産物を生み出しました。

このへぎ蕎麦の最大の特徴はツルっとした食感とのど越しです。年配の方には特にそののど越しのよさから人気があります。へぎ蕎麦のヌメリはフノリの成分によりますが、水分率が一般的な蕎麦に比べて高くなっていることにもその食感を作り出しています。

新潟では米文化のために蕎麦は長野の県境や魚沼地区以外は一般的ではありませんでしたが、
このへぎ蕎麦はその特徴から今や全国区になりつつあります。新潟が誇れる名産品の一つです。

へぎ蕎麦

*フノリ

よく刺身のつまや味噌汁の具として利用される赤い海藻です。乾燥させて流通しています。

ふのり

ふのり

 

主な材料:そば粉,ふのり

ページ上部へ戻る