ジャンル:
地域:


餅雑煮

もち雑煮

概要: 新潟郷土料理:雑煮

Pocket
LINEで送る

新潟のお雑煮は名前のようにいろいろな材料を沢山入れて餅煮にして、お椀の中を一杯にするもち雑煮です。具の下におもちがこっそり隠れている感じです。特に大根のスライスしたものを沢山入れ、鮭とイクラを入れたりもします。鮭県の新潟ならわです。新潟のお正月はお節料理などは余りなく、のっぺと餅雑煮、そして鮭、ハリハリ漬けで済ませてます。
お餅は雑煮だけでなくキナコ餅、アンコ餅にしても食べます。

ベストシーズン:冬
主な材料:大根、 にんじん、 ごぼう、  しいたけ  こんにゃく  油揚げ  かまぼこ  ねぎ  塩鮭  餅  だし汁(煮干しとかつおぶし)、 しょうゆ、酒、塩
作り方:大根は長さ4cm、幅1cmの短冊にして切ってゆでておく。にんじん、ごぼうはささがきにし、水にさらしておく。かまぼこ、油揚げも細切りにして熱湯をかけ、油抜きをしておきます。塩鮭は一口大に切ります。
かまぼことねぎ以外の材料を鍋に入れ、だし汁を控え気味にして火にかけ、しょうゆ・酒・塩で味付けし、最後にねぎとかまぼこを入れて出来上がりです。餅は別に煮て、お汁に入れて食べます。イクラは好みによって入れます。

ページ上部へ戻る