ジャンル:
地域:


なすの油炒め

茄子の油いため

概要:

Pocket
LINEで送る

新潟は茄子の国でもあります。日本一茄子を生産して日本一茄子を食べています。新潟はナスの種類も実に多いところです。丸なす、長なす、鉛筆なす、十全なす、水なす、漬けなす、巾着なすなどがあり。漬物はもちろん、焼いたり炒めたりして食べます。
その県人が大好きなレシピの一つが「なすの油味噌炒め」です。言わば越後味噌と越後茄子の合体です。夏の新潟で毎日食べられるほどの郷土料理です。炒めてうま味を引き出したナスと甘辛の味付けが何とも言えず、ご飯にもビールのおつまみとしても最高です。たっぷり入れた大葉の香りも夏の元気を与えます。作りたてでも、冷やしても美味しいです。手軽に作れるところもまたよしです。そうめんにも合いますので、食欲のない時にはこの組み合わせがお薦めです。

 

ベストシーズン:夏~秋
主な材料:なす・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3本 刻み唐辛子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1弱 青じそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10枚 サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2 味噌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1 酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
作り方:なすはへたを取り輪切りにし、。青じそは粗く刻みます。まずはなすをフライパンでこんがりと焼き色がつくまで炒めます。刻み唐辛子を加えて炒め合わせ、味噌、砂糖、酒、水を入れてしばらく混ぜながら水けをとばしたっぷりの青じそを加えて手早く炒りつけて出来上がりです。

ページ上部へ戻る