新潟のいとこ煮はレンコンと小豆を甘めに煮込む|新潟名産図鑑 | 新潟・食品名産図鑑
タグ:
ジャンル:
地域:


いとこ煮(新潟)

いとこ煮

概要: レンコンと小豆を煮込んだもの:新潟郷土料理

Pocket
LINEで送る

|いとこ煮

いとこ煮は全国各地にある煮物で豆と各種野菜を煮ることは共通しているが、新潟では
レンコンと小豆を煮て作ります。名前の由来は諸説あり野菜を硬いものから
オイオイ(甥甥)煮ることから捻って「従兄弟」になったと言われています。各地では
小豆・牛勢・芋・大根・豆腐・焼栗・クワイと順々に入れて煮込みが、
新潟ではレンコンが主体です。
地区によってはレンコンの代わりにカボチャや里芋も使います。またごぼう、人参、大根、
銀杏、板コンニャクなども加える場合もあります。
砂糖を加えて甘めにするためレンコンのおはぎのような感じなります。
レンコンは全国的には珍しいのですが、新潟市はレンコン消費量が全国一位です。
これは新潟の蒲原地帯が以前湿地地帯で潟湖が多く存在し、レンコンの栽培が
盛んだったことによります。現在でも長岡や五泉などの特産になっています。
正月やお祭りなどのハレの食として郷土料理です。

itononi2野菜いろいろいとこ煮

ベストシーズン:冬
主な材料:レンコン 小豆 かぼちゃ
作り方:(材料)れんこん1節・小豆1カップ・水3カップ・砂糖1カップ・塩一つまみ

れんこんは皮をむき、乱切りにして酢水にさらす。
小豆を水から弱火でゆっくり煮る。
小豆が柔らかくなったられんこんを加えゆっくり煮る。
砂糖と塩で味付けし、鍋をゆすりながら水がなくなるまで煮る。

ページ上部へ戻る