煮菜(にな) | 新潟・食品名産図鑑

ジャンル:
地域:


煮菜(にな)

煮菜

概要: 新潟郷土料理:漬けた体菜の煮つけ

Pocket
LINEで送る

煮菜とは新潟ではごくごく一般的な家庭料理で、字の通り菜っぱを煮たものですが、他と違うのは漬けものの菜っ葉を煮つけることです。秋11月につけた菜っ葉、主に体菜(とうな)が使われますが、雪国新潟の冬の野菜の補充食です。
漬けた菜っ葉も次第に味が落ちてゆくので冬が過ぎるころに盛んに食べられます。
「体菜」は、「漬け菜」とも言われ、長岡野菜としても有名な野菜ですが、かつての新潟では冬期の間この体菜の塩漬けがどこの家庭でも欠かせないものでした。
体菜のほかには野沢菜や大根の葉っぱなども使われます。油揚げを入れるところもあり、また酒粕を入れる家庭もあり、味付けや作り方はそれぞれのようです。

 

体菜の漬けもの

ベストシーズン:冬~春
主な材料:体菜、打豆、油揚げ、
作り方:体菜の漬物を3cmくらいに切るり、お湯で煮てちょうど良い固さに茹で上げます。茹で上がったらお湯を捨て水に漬けてちょうど良い塩加減にし、水気を切りサラダ油でいためます。カットした油揚げ、打ち豆を入れ、だし汁で煮て味噌を少し加えて完成です。

ページ上部へ戻る