ジャンル:
地域:


のっぺ

のっぺ

概要: 新潟郷土料理:新潟では正月には必ず食べるソウルフード

Pocket
LINEで送る

新潟ののっぺはよく知られているのっぺい汁とは少し違っています。のっぺい汁は日本全国各地に存在する郷土料理でが、呼び名がのっぺ汁、のっぺ煮、ぬっぺなどといろいろあります。野菜を細かく切って里芋が入るのが基本でとろみを付けることが共通しています。お祝いごとや仏事で食されるます。

新潟ののっぺは短冊もしくは小さく角切りにしたサトイモを主とし、鶏肉、ニンジン、ゴボウ、油揚げ、イクラ、貝柱、キノコ、銀杏、筍、レンコン等を加えた煮物などその時々の材料を入れていきますが、レンコンは特産品である為かよく使われます。カタクリなどでとろみを必ずしもつけません。サトイモが入らないときはとろみもありません。普段は冷たい状態で食べますが、温めても食します。
新潟では最近のっぺい汁が一般的な呼び名になってきているようです。
岩船では(だいかい)、魚沼では(こくしょう)などと呼ぶこともあります。材料も各地それぞれ個性がありますが、鮭大好き県である新潟では鮭とイクラを加えるところに特徴があります。新潟でも正月やお祝いごとで食べられるハレの料理です。上越地区ではカタクリでとろみを付けますが、中下越ではクズをかきません。お祝いごとでは鶏肉を加えますが、葬儀などでは精進料理として油揚げを加えます。材料も地区によって様々でレンコン、里芋、人参、ごぼうなどの色々な野菜を細かく切ってこんにゃく、きのこを加えて薄味で煮ます。
新潟では短く「のっぺ」と言えば通として尊敬されるかもです。

ベストシーズン:年間
主な材料:里芋、レンコン、こんにゃく、鮭、いくら、油揚げ、鶏肉、たけのこ、人参、干し椎茸
作り方:材料を油で炒めて、弱火でじっくり煮て柔くなったらとろみを付ける

ページ上部へ戻る