わっぱ飯(新潟) | 新潟・食品名産図鑑

ジャンル:
地域:


わっぱ飯(新潟)

新潟わっぱ飯

概要: 新潟郷土料理:杉の木でできた「曲げ輪箱(わっぱ)」という丸い器に、ご飯や地元のさまざまな食材を詰めたことが「わっぱ飯」の由来。

Pocket
LINEで送る

わっぱとは薄い杉の板を曲げて作った容器のこといいますが、日本各地で作られています。特に秋田の曲げわっぱが有名です。杉の香りには防虫・抗菌・消臭・防臭があり昔は弁当箱として使われていました。
新潟のわっぱ飯はまるい曲げわっぱにうすくちのダシで味付けしたごはんを持って、旬の食材を乗せて蒸した料理です。新潟古町の郷土料理屋さん「田舎屋」の初代店主が北大路櫓仙人と考案、開発商品化し商標登録されています。今や県内のいろいろな御店で出されて新潟を代表する郷土料理になっています。
わっぱ飯は日本全国に存在しますが、新潟では載せる具材はのせるのは県人が大好きな鮭やイクラ、カニなどで新潟らしさがでています。お店によってさまざまな具材が入ります。最近は福島会津のわっぱ飯も知られてきていますが、こちらは山菜、ゼンマイを入れたりしています。

島の粟島には「わっぱ煮」という郷土料理があります。

 

 

 

 

主な材料:秋鮭(生) 4切れ 米・もち米各1合 、ぎんなん 、 昆布、 塩小さじ1/3  いくら 、三つ葉、 サラダ油 、
作り方:(調味液を作る)酒 大さじ2、しょうゆ大さじ2、みりん小さじ2
秋鮭は調味料で下味をつけフライパンで両面に軽く焼き色をつけます。
米・もち米各1合、残った調味料)・昆布・塩・ぎんなんをのせて炊きます。
炊き上がったら秋鮭を一旦取り出し体を混ぜてください。ご飯をわっぱに盛りったら秋鮭いくら・きざんだ三つ葉を乗せて出来上がりです。

ページ上部へ戻る