新潟に蕎麦・うどん文化なし

Pocket
LINEで送る

(蕎麦やうどん文化がない)

新潟はお米をどこでも作れたおかげで一部の山間部以外は

日本中あちらこちらで見られる蕎麦をもともとは食べる習慣がありません。

蕎麦は痩せた土地でも栽培期間が短くできるため、

日本中山間部では栄養源として重宝しました。

新潟でも十日町近辺の魚沼のへぎそばは有名ですが、そばを習慣的に食べていたのは

信州に近い上越の妙高や会津に近い阿賀町近辺と佐渡でした。

うどんは小麦を作ることがほとんどなかったので山間部以外は

食しませんでした。

それでもへぎそばはふのりをつなぎに使った全国的にも珍しい蕎麦です。

また、上越や阿賀町ではつなぎの山ごぼうや自然薯を使います。

信州そばなどではつなぎに小麦粉を使いますが

小麦生産があまり盛んでなかった影響かと考えられます。

平野部では蕎麦屋もうどん屋も今の全国的なブームから

比べたらお店は少ないと思います。

新潟はうどんやそばの代わりに団子を食べていたと言っていいのかもしれません。

 

Next: 枝豆文化

 

記事一覧

協力者募集します

この新潟食品図鑑を 一緒に創りませんか?
詳しくはこちらにどうぞ。
ページ上部へ戻る