曽根 ニンジン(そねにんじん) | 新潟・食品名産図鑑


地域:


曽根 ニンジン(そねにんじん)

概要: 田上町の伝統野菜

Pocket
LINEで送る

曽根人参は中越の田上町曽根地区の伝統野菜です。しばらく生産が途絶えていましたが、2012年より地方の活性化の一環で田上商工会で復活に取り組んでいます。
姿は長根種で形はゴボウ、色はニンジンといった感じです。長さは1メートル弱位になります。強い香り、歯応えが特徴です。サラダや味噌づけなどで食されます。

一昔前まで日本では長根系のニンジンが主流でしたが、昭和30年代ごろからの冷蔵庫の普及や核家族化を背景に、20~30センチの短根にんじんが消費の主流となって長根種は姿を消しました。

田上町にある湯田上温泉などの食事にでも採用されています。

曽根人参は、フランス生まれの西洋系長人参「仏国大長人参」から育成された品種といわれ、
同じく群馬の長根種の国分ニンジンと兄弟になります。

 

ページ上部へ戻る