タグ:
ジャンル:

季節:

赤カレイ(赤鰈)

新潟赤カレイ

概要: 新潟の冬のかれい

Pocket
LINEで送る

新潟の鮮魚売り場で冬によく見かけるのがアカカレイです。
目のない白い片面が血がにじんでいるために赤ガレイと呼ばれています。口が大きくて目の近くまで開きます。島根からオホーツクまでの日本海や福島以北の太平洋岸に生息しています。水深200m位の砂地や泥底に住んでいます。20cm前後にまで成長します。
新潟ではアカアサバとも呼ばれています。福井県ではエチゼンカレイとも言われて笹がれいとともに人気魚です。福井や若狭では高級魚になっています。ミガレイ、エテガレイと呼ぶ地区もあります。
赤カレイの身は厚くコラーゲンがたっぷりで脂肪分が少なく美容にも最適です。刺身や煮つけ、塩焼きにされますが、一夜干しで食するとそのうまさは絶品です。
冬に新潟を訪れた際はぜひ食してみてください。
赤鰈
 新潟でも以前は庶民の煮つけカレイでしたが、近年は漁獲も減って高級魚になっています。

ページ上部へ戻る