新潟のスケソウダラ(介宗鱈) | 新潟・食品名産図鑑

新潟のスケソウダラ(介宗鱈)

スケソウダラ

概要: 日本海の冬の味覚スケトウダラ

Pocket
LINEで送る

|新潟冬の日本海の味覚スケソウタラ

北の日本海に生息する80cm位になるタラ目タラ科の魚です。朝鮮半島東岸から、日本海山口県以北、太平洋宮城県以北。オホーツク海、ベーリング海、カリフォルニア南部など幅ひろく生息しています。
同じ仲間に真鱈がいますが間違いやすいのでお気を付け下さい。真鱈は1m位になり一回り小さな魚です。
各地で様々な名前で呼ばれています。新潟では「スケト」「スケソウ」が一般的です。
すけそうだらの卵巣の塩つけは「たらこ」「明太子」として販売されます。「たらこの煮つけ」は昔は安くて冬の食卓によく出されましたが現在は高級品となってしまいました。

主に北海道の魚のイメージが強いのですが新潟沖にも魚場があり新潟ではなじみ深い魚です。水深数百メートルの深い「たらば」と言われる水域に生息して底引き網やはえ縄で一度に大量に漁獲されます。

スケソウダラの身は白身で非常に淡泊です。鮮魚では新潟ではタラの味噌汁として食されます。冬場は肝も太って美味しくなっていて内臓と一緒に煮込む味噌汁は絶品です。塩味のみそ汁も最高です。
またスケソウ鱈の精巣の白子は軽く温めてポン酢で食しますが、味噌汁で食べても最高です。北海道では真鱈もスケトウ鱈(介党鱈)の白子もタチと呼ばれて道産子の好物になっています。
スケソウダラの身は多くは摺り身になって蒲鉾などになっています。また干したものは棒タラとして山間部の冬の蛋白源になっています。

 

 

 

新潟スケソウダラ

ページ上部へ戻る