新潟 あきづき梨 | 新潟・食品名産図鑑

新潟 あきづき梨

新潟 あきづき梨

概要: 新潟生産の赤なしのひとつ

Pocket
LINEで送る

あきづきは主な産地は関東ですが、

多種の梨を栽培する新潟でもしっかり作らています。

新潟和梨全体の生産量では全国7位の梨の生産県の一つです。

ちなみに1位は千葉県、2位は茨城県です。

 

「あきづき(秋月)」は、「新高×豊水」と「幸水」の交雑により誕生した赤梨です。

農研機構果樹研究所で育成され、2001年(平成13年)に品種登録されました。

現在は全国で生産量は幸水、豊水、新高、二十世紀についで5位で全体の約3.5%になっています。

特徴は全体的に丸みがあり、500グラムほどあり大きめです。

甘みがしっかりして身の密度が濃く、歯ごたえがしっかりしています。

出荷時期は9月中旬~10月中旬になります。

 

新潟のあきづきは生産量はあまり多くありませんが、

味は一級品です。

写真は糖度13度大変美味しくいただきました。

 

 

新潟 あきづき梨

ベストシーズン:9月中旬~10月中旬

ページ上部へ戻る