タグ:
ジャンル:
地域:
季節:

ふなべた

新潟ふなべた

概要: タマカンゾウヒラメの新潟名

Pocket
LINEで送る

 

フナベタは正式にはタマガンゾウビラメのことで、新潟ではフナベタカレイと呼ばれています。大きさが5cmくらいで小さいためにヒラメでもカレイの名前が付けられています。
水深40〜80mの砂泥地に住みますが、北海道室蘭〜九州南岸の太平洋沿岸、北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、東シナ海大陸棚域。朝鮮半島南岸・東岸、済州島、台湾、中国沿岸までの日本の近海で広く生息しています。
フナベタは船の底によく貼りついていることからこう呼べれていますが、瀬戸内の広島ではデビラカレイ、和歌山ではヒガレイとも呼ばれています。

味は白身で淡泊で非常に美味な魚です。新潟では主に刺身で食していますが、刺身で食べるのは新潟位と言われています。新潟ではお寿司屋さんなどでは地魚として人気があります。関東ではお刺身としては余り出回っていないので、新潟のお寿司屋さんに入ったら是非一度食して見てください。
フナベタはそのほか干しものとしても食されます。瀬戸内海ではデビラは高級干しものとして販売されています。旬は産卵前の冬から春にかけてですがこの時期は特に美味でヒラメを凌ぐ美味しさです。ただし、通年食べることが出来ます。
そのほか焼き物、煮物、揚げものでも美味しくいただけます。骨も干して炙って食べると酒の肴には堪らない味わいです。

 

ふなべた

ベストシーズン:冬から秋

ページ上部へ戻る