タグ:
ジャンル:
地域:
季節:

ゲンギョ

ゲンギョ

概要: グロテスクだが非常に美味な上越の魚

Pocket
LINEで送る

|上越の幻の魚 ゲンギョ

ゲンギョは写真のように極めてグロテスクな魚ですが食べると極めて美味な魚です。
見かけは悪いのに食すると止められないパターンです。
正式な名前は「ノロゲンゲ」と言われ北陸から秋田の日本海側で獲れる200~1500mに生息する深海魚です。特に新潟では糸魚川や上越で水揚げが多く、地元の隠れた名産になっています。

|ゲンギョは下魚

ゲンギョという名前は下の魚(げうお)から来ていると言われて昔はズワイガニや甘エビ、ツブ貝の漁のついでに捕れた魚です。
もともとは水揚げは少ないのですがマスコミなどにその美味しさを取り上げられて
今ではその幻魚(げんぎょ)】といわれています。

|ゲンギョは美味しくて肌にもいい

その身はゼラチン質のヌルヌルしていてコローゲンが多い身質になっていて美容にもいいとされ女性にも人気が出てきています。
11~3月に漁がありますが、上越や糸魚川の海辺ではゲンキョを干す風景が見受けられます。
干すとヌルヌルも取れて保持しやすく美味しくなるのですが、メスは子持ちでまるで新潟のシシャモのようです。
鮮度のいい時はゲンゲ汁やお吸い物が非常に美味しいが、鮮度が落ちるといっぺんに不味くなるので
是非地元で味わってください。
また唐揚げやフライも非常に美味いとのことです。
最近は「ゲンゲ汁」や「ゲンギョ丼」を地域おこしで売り出しています。
また上越や糸魚川に出かけた時は「寒干しゲンキョ」をお土産にどうぞ。

 

寒干しゲンギョ

 

ベストシーズン:冬

ページ上部へ戻る