ハタハタ | 新潟・食品名産図鑑
タグ:
ジャンル:
地域:
季節:

ハタハタ

ハタハタ

概要: 日本海の代表的ふゆのさかな

Pocket
LINEで送る

|日本海の冬の味覚であったハタハタ

ハタハタ(鰰)は日本海の北部や北太平洋の水深100m以上の砂泥底に生息する20cmになる深海魚です。冬になると産卵のために海岸の浅瀬にやってきて群れで産卵します。東北の日本海側では冬の始まりの庶民の味覚でしたが、1976年以降に急激に資源が減少して幻の魚となっていましたが禁業などの保護政策によって資源も多少回復して、近年また市場でその姿を見ることが出来るようになりました。秋田県では県の代表的な魚になっています。魚醤のショッツルはハタハタから作られた秋田の特産品です。
卵はブリコと言われ珍重されています。

新潟では年末年始時期に海岸沿いの岩礁のホンダワラなどに産卵に姿を見せるようになってきましたが、特に佐渡では多くの群れが産卵に訪れます。

体表に鱗がないのが特徴ですが、その味は白身であくまでも淡泊です。特に子持のメスは煮つけにすると抜群の味わいになり、そのヌルッとした卵の表面の舌触りとプッチとした噛んだ時の食感が何とも言えません。食するなら絶対に取れたてのはち切れんばかりに子供をもった雌がお薦めです。焼いても美味です。子供の頃は冬が始まると毎日がハタハタの煮つけが出されてうんざりしたものですが、いまでは高価な料理になってしまいました。
またその身は干されて一夜干しで流通していますが、やはり鮮魚が一番おいしくいただけます。
北海道モノや西日本モノの一夜干しはやはり新潟、秋田物に比べて味は落ちます。
また鮮魚の鍋は最高で特に秋田のショッツルでつくるショッツル鍋は美味の極みです。
新潟ではあまり見かけませんが秋田、青森、北海道ではハタハタの飯寿司は特産品になっています。

ベストシーズン:冬

ページ上部へ戻る