長岡野菜 | 新潟・食品名産図鑑

ジャンル:
地域:


長岡野菜

長岡野菜ロゴ

概要: 長岡地域の伝統的な指定野菜

Pocket
LINEで送る

長岡市は新潟の内陸のほぼ中心地に位置して城下町として越後の要所でした。すぐそばには日本一の大河である信濃川が流れ肥沃な土壌を形成しています。冬は豪雪地としてもその名を知られています。夏は日照時間も長く高温多湿で年間を通じては多湿な気候です。その気候で育った長岡地区の野菜は夏は夏野菜の味わいが深く、冬はその寒冷な気候によって野菜に糖度がまし、独特の食感と食味は多くの人に評価されています。*長岡の花火大会は有名です。
長岡野菜は長岡市周辺の生産者、消費者、農業団体や流通業者によって設立された「長岡野菜ブランド協会」により選定された長岡地域の古くから地元に愛され続けた伝統的な地域野菜です。長岡でしか味わえない長岡が誇る自慢の野菜が現在16品目指定されています。指定の基準は以下のようにあります。

 

 .古くからあって長岡でしか取れないもの
 .どこにでもあるけど長岡で作ると美味しいもの
 .新しい野菜だけれど、長岡で独特な食べられ方を しているもの

「長岡野菜」はどれも手間がかかる割に収穫量が少なく生産性が悪いのでそのため値段はやや高めですが、味は風味豊かでこれが本当の野菜という感動を与えてくれます。 

|長岡野菜16品目

|夏

  • 長岡巾着なす (6月中旬~10月下旬)
  • 梨なす (6月中旬~9月下旬)
  • 糸うり (6月中旬~8月下旬)
  • ゆうごう(7月上旬~8月下旬)
  • かぐらなんばん(7月中旬~9月下旬)
  • ずいき(6月中旬~9月下旬)

|秋・冬

  • 肴豆(9月下旬~10日間)
  • 里芋・土垂芋(10月中旬~3月下旬)
  • 食用菊おもいのほか(10月中旬~11月下旬)
  • 体菜・たいな(11月中旬~12月中旬)
  • 長岡菜(11月中旬~12月中旬)
  • だるまれんこん(10月中旬~4月下旬)
  • 白雪こかぶ(12月中旬~1月下旬)
  • 一寸法師(9月中旬~10日間)
  • 雪大根(雪が降ってから2月頃まで)
  • 八石なす(6月下旬~10月上旬)

ベストシーズン:年間

ページ上部へ戻る