南蛮エビ(ナンバンエビ)

南蛮エビ

概要: 新潟では甘エビを南蛮エビといいます。

Pocket
LINEで送る

ナンバンエビは所謂、甘海老のことを指しますが、新潟では南蛮唐辛子に似ていることからこう呼ばれています。正式名はホッコクアカエビで北陸から北海道の日本海側で取れます。特に新潟の南蛮エビは赤い色が鮮明で目立ちます。またその甘さも際立っていますので、北海道産とは一線を画しています。一度食するとその違いに驚きます。
新潟県も南蛮エビとしてブランド化を図っていて南蛮エビブランド推進員会が立ち上がっています。(こちらに産地などの詳しい情報が載っています)佐渡では籠漁で捕られ品質も非常に良いものになっています。糸魚川、新潟市、佐渡で水揚げされますが、底曳網漁でとられています。
翡翠(ヒスイ)産地で有名な糸魚川地域では、南蛮エビの卵の色が翡翠に似ていることから「ひすい娘」という名で県内外への直販が行われています。また、佐渡では、「はねっ娘」という名で海洋深層水を用いた活きた南蛮エビの出荷も行っています。
禁漁期である7、8月を除く周年楽しむことが出来、特に水温が下がる冬が食べ頃とされています。佐渡では海洋深層水で蓄養していますので通念楽しむことが出来ます。
新潟の南蛮エビは味も格別ですがお値段も東京で食べる甘エビよりはかなりお高くなっています。
最近いろいろ料理レシピを県などで紹介していますが、南蛮エビは加熱すると食味がよくありません。やはり生でそのまま食べるのが最高で寿司ネタとしてもお薦めです。新潟ではエビと言えば生食の南蛮エビで新幹線で開通して東京にも広がりましたが、
それ以前東京の寿司屋でエビが茹でてあることに新潟県人はビックリしていました。

北国赤エビ、南蛮エビは春から夏にかけて南の方から産卵期に入ります。日本海のものは一年おきにしか産卵しないそうです。卵は直径1mm前後の青みを帯びた球形で、一度の産卵で2000-3000個を産み、産んだ後約10ヶ月もの間メスは受精卵を腹に抱えて孵化するまで保護し、翌年の冬に放出します。よく卵を抱えた甘エビを見かけるのはそのためです。
海外からもナンバンエビ似たような輸入されていて回転寿司屋さんはほぼ輸入ものです。
南蛮エビは冷凍することなくチルド流通品を生で食べなくてはなりません。

 

大きな南蛮エビは全てお腹に青色の卵を持っています。実は南蛮エビは小さい時は全てオスで大きくなると性転換してメスになるためです。卵をたくさん抱えるには体力がいるためで子孫繁栄の戦略です。

amaebisushi佐渡ナンバンエビかご漁

ベストシーズン:冬が旬

ページ上部へ戻る