ジャンル:
地域:
季節:

梨茄子・黒十全

梨なす

概要: 泉州水茄子系のひとつで黒十全・梨茄子と言われている浅漬けなす

Pocket
LINEで送る

|黒十全茄子(梨なす)

黒十全茄子は同じ十全の名前でも本来の十全茄子(白十全)とは系統が違います。黒十全は昭和20年ころに長岡市大島地区の種屋さんが白十全とは別種の大阪の泉州絹皮水茄子を導入したことに始まるとされています。その後、三条の種子屋さんが名前が知られていた十全茄子の名前を活用して黒十全茄子と命名して売り出し下越に広がりました。
一方、長岡市場ではそれまで先に中島地区で導入されていて評判も良く姿かたちがよく似ていた白十全である梨茄子と同じ名前で呼びました。長岡では十全茄子の名前で呼ばれず梨茄子と呼ばれ続けました。
黒十全は白十全茄子より黒々として見た目が非常に良かったことと浅漬けでは黒黒した色のために変色が目立たなかったために人気がでたようです。
今では長岡では梨茄子は白十全にとって代わってしまい黒十全を指すようになっています。

黒十全茄子は皮も実も柔らかく浅漬けで半生で食します。長岡では梨なすと呼ばれていて長岡野菜に指定されています。梨茄子のブランドで東京市場にも出されています。
梨茄子は長岡から三条に伝わり黒十全と呼ばれましたが、新潟の西蒲区や三条や燕市などでは黒十全もしくは十全なす、巾着なす、漬け茄子、黒茄子などともいわれます。
塩沢では巻機なす(まきはた)のブランドになっています。

黒十全なす

ページ上部へ戻る