梨なす(黒十全茄子) | 新潟・食品名産図鑑

ジャンル:

季節:

梨なす(黒十全茄子)

梨なす

概要: 長岡市の黒十全のブランド名

Pocket
LINEで送る

梨なす長岡野菜に指定されている黒十全なすです。
梨茄子は元々は白根経由で長岡中島地区に導入された白十全茄子につけられた名前です。長岡ではその味がまるで梨のように瑞々しかったことと形が洋ナシのようだったことからこの名前が付けられたと考えられます。
昭和二十年ころに長岡大島地区に大阪の泉州水茄子の一つである絹皮茄子系が栽培されると先に名前が売れていた梨茄子(泉州みず茄子・白十全)と同じ名前を名乗りました。すると色の良さや栽培のし易さなどからいつの間にか先の梨茄子(白十全)にとって代わりました。
黒十全の名前は昭和30年初めにこの梨茄子(泉州絹皮系茄子)三条の種屋さんが十全茄子によく似ていることから黒十全と付けたものです。本来梨茄子は中島地区の白十全を呼んだ名前でしたが、現在は梨茄子といえば黒十全となっています。梨茄子は四郎丸地区や才津地区などで栽培されています。(十全なすを参照)
また黒十全と十全ナス(白十全)は別の品種ですが、黒十全を十全と呼ぶ地域もあり新潟でも混乱しています。また白十全や梨なす(黒十全)は固定種で栽培が難しいために黒十全を改良したF1種の新潟黒十全という品種がいまは栽培の主流です。その意味でも在来種の梨なすは貴重な商品となっています。

梨茄子は小型で丸に近い短卵型をしており、果皮・果肉と共に柔らかいなすです。梨なすはやはり浅漬けが一番です。生でも泉州水ナスと同じく瑞々しく、美味にいただけます。

分かりにくいので簡単に整理すると、
白十全と黒十全(現梨茄子と呼ばれるもの)は同じ泉州水茄子系の一つですが別種類になります。本来の梨茄子は白十全でした。今はなし茄子は黒十全になっています。その黒十全の名前は大島地区の泉州絹皮水茄子に種を手に入れた中越の三条の種苗業者がつけた名前です。

黒十全なす

真黒な肌の十全茄子

ベストシーズン:6月中旬~ 9月下旬

ページ上部へ戻る