新潟の梨

新潟梨

概要: 新潟の梨は隠れた名産

Pocket
LINEで送る

新潟の梨といえば、洋ナシのル・レクチェが有名になっていますが、実は日本梨も非常に美味しいものが作られていますが、栽培数が少なく新潟県内に消費がほとんどです。
その歴史は江戸時代より栽培歴史は古く、300年以上も栽培されていると言われています。新潟、加茂、三条の信濃川・阿賀野川の肥沃な河川流域の堆積地で主に栽培されています。新潟の人たちは梨もまた大好きで厳しい評価をするために味はどれもかなりレベルが高いものになっています。
主な栽培種は幸水、豊水、20世紀、新高、新興なし、あきずきがあります。「幸水」「豊水」「二十世紀」等が主力で出荷は8月下旬から9月にピークを迎え、続いて「新高(にいたか)」などに引き継がれ、10月下旬まで出回ります。 その後は「新興(しんこう)」を年末まで楽しむことができます。

 

*尚、新高梨は新潟と高知の品種の掛け合わせたためにこの名前になったと言われていましたが、本当は開発当時日本の統治下にあった台湾の一番高い山新高山にちなんで命名されています。
新興(しんこう)梨は 昭和7年に新潟県農業試験場園芸部において開発された新潟由来の品種です。

 

ベストシーズン:8月~12月

関連記事

ページ上部へ戻る