仁野分しょうが(にのぶしょうが)

ninobu-shouga

概要: 上越市の伝統野菜

Pocket
LINEで送る

仁野分しょうがは上越市 頸城区仁野 分 (くびきく・にのぶ)で栽培される伝統野菜で上越野菜に認定されています。
1683年に百姓の三郎右衛 門が近江産のしょうがを持ち帰ったこ とがきっかけで、その後三河産のもの に切り替えられたといわれています。 8月下旬~ 11月下旬が出荷時期になっています。
仁野分は昔からしょうがの産地で高田藩の城主にも献上されていました。

仁野分生姜は、柔らかで、スジが少ないのが特徴で風味が抜群です。筋がないために仁野分特産 「すじなし生姜」として販売されていた時期もありました。金時生姜が品種になります。
生のまま細くスライスして、みそをつけて酒のつまみにしたり、生姜酒、生姜酢、生姜茶、生姜湯、生姜漬などにします。

もともと生姜は熱帯が原産で基本的には雪国には不向きですが、越冬も畑から掘り起こして冬を越させています。この地区では少量生産で一株一株手間暇かけて、できるだけ化学肥料や農薬を使わないように栽培しています。

 

ベストシーズン:8月下旬~11月

ページ上部へ戻る