米粉麺

米麺

概要: 米の粉で作った麺類

Pocket
LINEで送る

米どころ新潟は米の消費の促進のために新たに米粉製造技術を開発しました。それに則したように米粉を使った新しい麺類も新潟県全体で盛んにおこなわれています。
米粉の面と言えばフォーやビーフンが代表で東南アジアで盛んに食されていますが、新潟発の日本のコメを使った米の麺文化が新潟から生まれようとしています。

種類としてはうどん、ラーメン、パスタ、焼きそばタイプなどが製造されています。
乾燥麺タイプ、半生麺タイプ、生麺などがあります。これらはお店でご自宅用やお土産用に販売されるだけでなく、県下の食堂などで新しい新潟の味として提供されています。新B級グルメとしても各地もその普及に熱を入れています。上越の塩やきそば
糸魚川ブラック焼きそばなどのその代表格です。
(詳しい情報はこちら→新潟米粉マップ)

米麺の特徴は滑らかで上品な其の食感です。ファーやビーフンと一味違った日本のコメ文化の味になっています。特に新潟の誇る新潟コシヒカリ米粉を使った米麺は、非常に美味でお勧めです。

新潟のコメ麺は小麦粉の代わりに100%米粉の麺や小麦粉に米粉を混ぜた麺の大きく2種類に分けられます。特に米粉100%の麺は蕎麦や小麦アレルギーに悩んでいる人には非常に歓迎されているようです。

 

米粉面

主な材料:うるち米

ページ上部へ戻る