肴豆(さかなまめ) | 新潟・食品名産図鑑

ジャンル:
地域:
季節:

肴豆(さかなまめ)

肴豆

概要: 長岡野菜に指定されている幻の枝豆

Pocket
LINEで送る

肴豆(さかなまめ)長岡野菜に指定されている昔から長岡の信濃川左岸、王寺川地区で栽培されている枝豆です。昭和45年に水田転作用に長岡市市関 原地区から導入されたと言われていますが、一説には男鹿半島伝わったという説もあります。
さかな豆は9月下旬~ 10月上旬の10日間ほどしか収穫できない貴重な枝豆です。幻の枝豆とも言われています。その強い風味と甘み、香りがビールのつまみに最適なことから肴豆と命名されました。
サヤが三日月にように反っていてさやの形が魚に似ていることも名前の由来になっています。
実が大きくて茹でると緑色になります。茶豆ではなく緑豆になります。

生産量も少なく収穫時期も少ないために毎年食べるチャンスを逃す人も多いようです。

茹でて食する以外、煮豆、浸し豆にも適していて冷凍加工でも使われています。また豆腐の原料として利用されています。

ベストシーズン:9月下旬~ 10月上旬

ページ上部へ戻る