三角ちまき | 新潟・食品名産図鑑

ジャンル:
地域:
季節:

三角ちまき

三角ちまき

概要: 三角形の笹にくるんだちまき

Pocket
LINEで送る

三角ちまきは古くから新潟中越、下越で月遅れの節句(6月5日)に作られる三角形の形をしたちまきです。昔はそれぞれの家庭で作られて、笹団子とともに子供の楽しみなお菓子でした。もち米を蒸かして笹に包んだだけの素朴なお菓子ですが、きな粉をつけて食べます。笹の葉は殺菌効果があるので日持ちもしますが、固くなったらまた蒸かして(10分間)または電子レンジで1分間で食べれます。
農家では農作業時のおやつにもなっていました。

三角ちまき

主な材料:水稲もち米
作り方:もち米を笹で作った三角形に入れて蒸します

ページ上部へ戻る