せいかい(うすめばる) | 新潟・食品名産図鑑
タグ:
ジャンル:
地域:
季節:

せいかい(うすめばる)

せいかい(うすめばる)

概要: ウスメバルのことを新潟ではセイカイといいます。

Pocket
LINEで送る

|セイカイはウスメバル(薄眼張)

セイカイはカサゴ目フサカサゴ科メバル属の魚で30cm位になり、新潟では良く見かける魚です。セイカイという余り耳慣れない名前ですが新潟ではウスメバルをセイカイと呼んでいます。ウスメバルは日本中で取れますが、青森、秋田、新潟が代表的な産地になっています。

大きく目が張り出していることから眼張と言われますが、ウスメバルの他にアカメバル、クロメバル、シロメバルなどがあります。

セイカイ(ウスメバル)は水深50m~150m位の岩礁の深場に生息します。クロメバルなどは比較的浅い岩礁にいます。その為、ウスメバルはオキメバルとも言われています。
また地方によって「アカガサ」、「メガラ」、「スズノメバチメ」、「アカスイ」、「アオヤナギ」、「ホゴ」などの様々な名前で呼ばれています。

セイカイの旬は産卵のために浅瀬に上がってくる春です。その為に目春とも書いたりします。春先の海釣りの代表的な魚です。
新潟では年間を通じて水揚げされますが、美味しいのは旬の春先になります。
水揚げは特に糸魚川地区で多いのですが、大きな岩礁地帯になっているからです。
主に刺し網、釣りによって漁獲されています。

味は白身で旨みが濃く、その割には後味が良いのが特徴です。
煮魚で食べるのが定番ですが、寿司ネタでも良くみかけます。
刺身で食する場合は見がやや硬めなので水揚げされてか1~2日後が美味しくなります。
また塩焼きやソテイーにも非常に向いています。

新潟ではセイカイで呼ぶことが多いのですが、中越では「はちめ」、佐渡では「たかな」などともよんでいます。

新潟に春先に出かけた際は、お寿司屋さんなどで「セイカイ握って」と言ってみましょう。ちょっとした新潟通になれます。

セイカイとよく間違ってしまうのがツヅノメのいう魚です。

 

せいかい

海の中でも岩場でこのように同じ方を向いています。

 

ベストシーズン:旬は3月4月

ページ上部へ戻る