新道いも (しんどういも) | 新潟・食品名産図鑑

新道いも (しんどういも)

概要: 柏崎新道地区の大型里芋

Pocket
LINEで送る

|新道いも (しんどういも)

柏崎市の新道地区黒滝地区で昔から栽培されている里いもです。柏崎野菜に指定されいます。
品種的には「唐芋(とうのいも)」といわれていまうが、唐芋(カライモ)と読むとサツマイモノことを一般的に言います。唐芋(とういも)と読んでもサツマイモを指すようでややっこしい感じです。

えび芋はは京料理で有名ですが、唐芋(とうのいも)を土寄せして子芋をエビのように曲げたものをいいます。
里芋は一般的には子芋を食べますが、新道いもは主に親芋を食べる珍しい里芋です。そのため普通の里芋より大きくなりますが、さらに新道いもは休耕田でこまめに水などを与えているためにさらに大きくなるようです。
形は丸型で大きいものは1kgくらいにまでなります。

新道イモは食感はほっこりしています。煮くずれしやすいので、強火で加熱しないように料理します。おでんや蒸し物に向いています。大きいので調理しやすく、柏崎では縁起物として祝い事などでも出されます。
茎は赤紫色でずいきとしても食されます。

柏崎やつがしら生産組合が中心に栽培しています。

 

ベストシーズン:(収穫時期:10月~11月)
一押しショップ:JA柏崎 愛菜館  TEL:0257-28-6711 (ショップHP
HPへ

ページ上部へ戻る