そうはちかれい

souhachi8

概要: 新潟で獲れる地元カレイ

Pocket
LINEで送る

|宗八かれい

日本海側全般、千島、サハリンから太平洋岸では福島県まで生息するカレイで

新潟ではなじみ深い魚です。

見た目はマガレイに似ていますが

水深100m~400mの泥砂地に生息しています。

体長45cmくらいになり。晩秋から冬がその旬とされています。

主に一夜干しで食されていてその味は美味です。

新潟では生でよく販売されていますが、

一般的には一夜干しで食します。

鮮度がいいうちは

煮付けや唐揚げ、塩焼きも美味しく頂けます。

鮮度が特にいい状態では刺身も非常に美味ですが、

痛みも早くめったに食べることができません。

関東では滅多に生では流通することはなく、

主に一夜干しで見かけます。

島根県でエテガレイと呼ばれたりします。

新潟ではアサバカレイ(アカカレイ)が地魚で良く食されますが、

アサバより白であることからシロアサバとも呼ばれています。

 

ソウハチカレイ一夜干し

ソウハチカレイ一夜干し

 

ページ上部へ戻る