砂ねぎ(新潟ねぎ)

やわ肌ねぎ

概要: 新潟の砂地で作られるブランドネギ

Pocket
LINEで送る

砂ねぎは新潟の砂丘地帯で栽培されている秋から初冬にかけて収穫される色白のネギで新潟のブランド野菜です。抜群の甘さと柔らかさを持ち隠れた名産になっています。最近は色白、柔肌という越後美人のイメージから、秋冬のネギを「やわ肌ねぎ」というブランド名で販売されています。
最近は夏ネギや春ねぎも開発されて年間を通して販売されていますが、美味しいのは初冬です。
地域によっては「青山ネギ」、「坂井ネギ」「坂井輪ネギ」とも呼ばれていますが、いずれも新潟市の砂丘地帯です。
起源は加賀ねぎとも言われおよそ240年の歴史があります。
新潟市のほか、村上、胎内、五泉などが産地になっています。

2003年にNegicco(ねぎっこ)という主に新潟県を活動拠点とする女性アイドルグループが、JA全農にいがたがによって結成されて、「やわ肌ねぎ」PRキャンペーンのための活動を行っています。

砂ネギ畑

新潟市内野砂ネギの畑

 

ベストシーズン:旬は秋~冬

関連記事

ページ上部へ戻る