体菜(たいな)

taina

概要: 長岡野菜にしてされている地域野菜

Pocket
LINEで送る

体菜(たい菜)はタイサイと一般的には呼ばれていますが、新潟ではタイナと呼んでいます。新潟県全域で作られていますが、長岡市は特に長岡野菜の一つとして認定しています。
明治初期に中国から導入した長梗白菜を体菜(たいさい)と呼び、その葉の形から「しゃくしな、ほていな」の日本名がつけられました。これが新潟では雪国に適応種改良されて冬の青物の漬け菜として定着しました。越後の冬の栄養源でした。
葉柄が長く、葉の基部が丸く太ります。
新潟では一昔前までは各家庭で四斗樽で漬け込んで冬の貴重な栄養源としました。春になり青物が出始めると塩出しして郷土料理の煮菜にして食べます。

 

 

ベストシーズン:11月12月

ページ上部へ戻る