とう菜

トウナ

概要: 冬にアブラナ系の野菜の茎を主体に食べる野菜

Pocket
LINEで送る

とう菜(トウナ)とは正式にはとう(薹)菜と書きますが、冬菜・唐菜とも書いたりします。薹とはふきやアブラナ等の花をつける植物の茎のことをいい、冬から早春に立ってきたとう(茎)の部分を主にたべるので新潟では総称でとう菜と言われています。つまり野菜の品種ではなく、また冬に食べるからからではなく、茎(とう)を食べる野菜を総称的にそう呼んでいますが、アブラナ科のやさいになります。新潟のとう菜は冬の寒さも手伝って独特な「甘味」と「ヌメリ」があります。
とう菜には新潟では女池菜大崎菜五月菜三月菜川流れ菜白菜菜、野沢菜、アスパラ菜そのき菜、小針菜、新井郷菜など新潟各地に数多くあります。新潟の各地の人は余りはっきり区別せず冬から春にかけてとう(くき)を主体に食べる地元のそれぞれの菜っ葉をとう菜と呼んでいます。かなりいい加減ですが、どれもアブラナ菜の仲間でそれぞれ微妙に違いますが、どれもそれぞれ美味しいので丸です。
どうやら新潟のとう菜には小松菜系とかき菜系とセイヨウアブラナ系の3通りあるようです。かき菜はあぶらな菜で茎がより太くなっています。小松菜もアブラナ菜の改良種ですが葉の比率が高くなっています。セイヨウアブラナ系は川ながれ菜ですが、菜の花の改良です。
極端にいえばとう菜は小松菜と菜の花の2種類をさしていることになります。

「とうが立つ」とは、花茎が上がってくることで、余りたち過ぎると固くなって美味しくないことから食べる時期が過ぎた意味で年ごろを過ぎた女性に使われます。

 

とう菜の春が進んでくると花のつぼみをつけて咲く寸前になっていきます。
そうなると菜花ともいわれます。
下の写真はとう菜の菜花です。

とう菜

 

 

ベストシーズン:12~3月

ページ上部へ戻る