タグ:
ジャンル:
地域:
季節:

魚沼巾着なす

uonumakinchaku

概要: 魚沼地区の伝統野菜

Pocket
LINEで送る

魚沼巾着なすは城内村(現南魚沼市)で明治時代に和歌山の早生なすと在来の丸なすを交配して作られた地域野菜のひとつです。最盛期には県外にもしゅっかされていました。締まった実で歯ごたえが非常にありますが、栽培に手間がかかり、梨茄子などの漬け茄子に押されて、一時ほとんど栽培されず危うく幻の茄子となるところでした。しかし、その復活を願う人たちの努力が実り魚沼巾着ナスは近年その味わいと伝統が見直されて生産を増やしています。しかし、今はまだ流通量も少なく、貴重なナスです。
果皮は黒紫色、形はやや平たい巾着型です。巾着型は全国的にも非常に珍しく、長岡巾着茄子と和歌山の稲成なす、埼玉の青茄子などがあるくらいです。主に味噌漬けで食されていますが、新潟の茄子の食し方の蒸かし茄子も美味しくいただけます。そのほか炒め物にも合います。
同じような茄子では長岡巾着なすが有名ですが、それより少し小ぶりで品種も違います。

 

関連記事

ページ上部へ戻る