ジャンル:
地域:
季節:

八幡いも( や は た いも)

dotare2

概要: 佐渡特産の里芋

Pocket
LINEで送る

八幡芋は佐渡の八幡地区の古くから栽培されている里芋です。
江戸時代には代官所に納められ、島外門外不出とも言われていた希少な品種です。山梨県八幡地区の八幡芋は有名ですが、それとは別品種になり、形も味も異なります。山梨県の八幡芋は「石川早生」。佐渡の八幡芋は「土垂(どだれ)」系になります。
大きさは手の平にのるサイズで、一般的なサトイモよりも少し細長いのが特徴です。粘りがとても強く、煮物や鍋、汁物、炊き込みごはんなどで食べられています。

八幡芋は収穫が少なく栽培が難しく一時期はかなり収穫も少なくなっていましたが、地域野菜の復活プロジェクトで拡大されています。今では地域の顔になっています。
里芋は本来は粘土質の土壌を好みますが、八幡地区は海辺で砂地になっています。八幡芋は砂地でも大丈夫なのように改良されています。

 

*新潟の里芋もご参照ください。

 

 

ページ上部へ戻る