新潟ゆべし

新潟ゆべし

概要: もち米ふかしたお菓子で笹に包まれている

Pocket
LINEで送る

ゆべし(柚餅子)といわれるものは日本全国にあり、名前は同じでも全く違う製造法になっていて形態も味も千差万別ですので、自分のイメージでゆべしを買うとあれ!ということも良くあります。
新潟でもゆべしは大きくいって2通りあります。「越後ゆべし」と「糸魚川ゆべし」です。通常新潟でゆべしといいますと越後ゆべしを指しています。どちらもいわれが面白く伝統がしっかりある新潟の銘菓といえるでしょう。

|越後ゆべし

現在の新潟市西蒲区の巻・福井に1829年京都の僧侶より製法が伝わりました。福井は「米百俵」で有名な三根山藩の管轄で以前は柚餅子をつくる家がたくさんあったそうです。このゆべしは徳川家茂にも献上されました。越後名物ゆべしは会津を経由してやがて東北全般の名物になっていきました。しかし、東北ではゆずが貴重で身近なクル実を使うくるみ餅が主流になりましたが、名前はゆべしと呼ばれています。
今では福井にゆべしの製造元は今では本間屋さん一件になってしまいました。
本間屋さんのゆべしは蒸しゆべしとしています。
もち米、砂糖、生ゆずが原料です。
ゆずの香りと甘みが何とも言えないお菓子ですが、子供のころオブラートが歯につくのがきになりました。

 

yubeshi3yubeshi4

新潟ゆべし

 

 

 

|糸魚川ゆべし

糸魚川ゆべし・京屋本家の御ゆべしはその歴史は古く糸魚川で350年以上作り続けられているものです。その昔、関ヶ原の合戦から逃れて京から住み着いた先祖が茶席で出される柚子味噌になぞらえてゆべしを作ったそうです。従ってその味は味噌味で珍味に近くお酒のつまみにもよく合います。作り方はもち米に、砂糖と生の柚子、そして味噌などを練り合わせて平たく伸ばし、竹の皮に包んで蒸して乾燥させます。
糸魚川は江戸時代には江戸への交通の要所で参勤交代で加賀の前田家の本陣がありました。加賀の殿様がこの店・京屋本家のゆべしを徳川将軍に献上したところ大変気に入られ、前田藩の殿様は大変喜びました。その帰りに糸魚川に立ち寄り、『ゆべし』という名に『御』の文字を冠して『御ゆべし』と名乗るべしと命ぜられたということで現在このお店のゆべしは御ゆべしとなっています。

onyubeshi

お酒の友になっています

onyubeshi2

 

|*ゆべし

『ゆべし(柚餅子)』とは、柚子を用いた加工食品あるいは和菓子の一種を指しまが、約1,000年前の源平の時代に誕生したとも伝えられ、もともとは菓子というよりも保存食・携帯食に近いものでした。柚子の実の上部を切り取った後、中身をくり抜き、この中に味噌、山椒、胡桃などを詰めて、切り取った上部で蓋をして、これを藁等に巻いて日陰で1か月から半年ほど乾燥させます。酒の肴やご飯の副食物として用いていました。
能登半島の輪島では柚子をくりぬいて中に餅粉を入れて蒸した和菓子が売られています。丸ごとゆべしという意味で丸柚餅子という名前になっています。
東北のゆべしは新潟のゆべしが伝わったとされていますが、ゆずが手に入りにくかったためクルミを使ってくるみ餅になっていますが、呼び名はゆべしとしているところが多いようです。

 

maruyubeshi

能登輪島のゆべし

 

会津ゆべし

福島かんのや・くるみゆべし・ごまゆべし

 

主な材料:もち米、和三盆、蜜、柚子皮
メーカー:本間屋, 京屋本店

ページ上部へ戻る