珍しい山菜、買ってきました。春蘭!!



概要: 春の山菜

春欄

スポンサードリンク

4月の上旬、新潟市の『にぎわい市場ピアBandai』を覗きに行くと珍しい山菜が販売されていました。

春蘭という山菜です。春に花を咲かせるためにこの名前になったようです。北海道から九州まで野山に自生する野生の蘭ですが、シンビジュームの仲間になります。日本では東洋蘭として、観賞用に栽培する愛好家も多いようです。

地方によっては、この春らんを、食用としています。銀座の高級和食店でも春の珍味として出されています。

主に、天ぷらや茹でて3杯酢で食べます。花は塩漬けにして、花茶として飲む習慣もあります。

買ってきた春欄は、佐渡で採れたものです。150円とまだ余り知名度がないせいか安価でした。自生というより、最近は他の山菜のように畑で栽培されているようです。

定番通りに、三杯酢で頂きましたが、茎は少し硬く、それ程美味しいものではないのですが、春を感じる彩りには良いでしょう。

 

スポンサードリンク

春欄

ベストシーズン:3月4月
作り方:茹でて三杯酢、天ぷら、塩漬け

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  2. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  3. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る