japanfoods一覧

  • 新潟地魚寿司盛り合わせ

    前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟訪問の際での締めの楽しみは、駅構内、駅周辺で寿司を食べて、日本酒をひっかけ そのまま新幹線に爆睡することですが、 …
  • 南蛮えび丼

    新潟駅の南蛮海老丼

    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似ているからです。 南蛮エビは新潟の特産品で、我々が普段食べている北海道物や海外物に比べて、甘味がより強いのが特徴です。…
  • 南蛮えび煎餅

    南蛮えび煎餅

    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に似ていることからこう呼ばれています。 この南蛮エビを、使った煎餅が南蛮えび煎餅です。新潟の特産の米菓と南蛮えびが合体し…
  • 妙高フルーツほうずき

    妙高フルーツほうずき

    食用のほうずきです。薄いオレンジ色で、形は外套かぶったミニトマトのような感じで、ナス科の野菜になるそうです。 ほうずきと言えば子供の頃、あちらこちらに植わっていて、実の種を抜き、膨らませたり音を鳴らしたりして遊んで…
  • 春欄

    珍しい山菜、買ってきました。春蘭!!

    4月の上旬、新潟市の『にぎわい市場ピアBandai』を覗きに行くと珍しい山菜が販売されていました。 春蘭という山菜です。春に花を咲かせるためにこの名前になったようです。北海道から九州まで野山に自生する野生の蘭ですが、シ…
  • いちじく羹(かん)

    イチジクをジャム風に仕立てて羊羹風に固めたお菓子です。イチジクは地元上越市大潟特産品を使っています。製造元はマルト歌代菓子舗(うたしろかしほ)で明治40年創業の老舗です。イチジクの粒がブチブチとした食感を与え、甘味が抑え…
  • 妙高トン汁ラーメン

    妙高トン汁カップ麺

    B級グルメの妙高トン汁ラーメンで有名な「とん汁たちばな」監修のカップ麺です。 エースコックが製造しています。 お味はどちらかという味噌ラーメンですが、 珍しさもあるのでお土産にはいいでしょう。 「…
  • 笹団子風味のラングドシャ“笹紗(さしゃ)”

    新潟と言えば笹団子ですが、お土産にするには少し重いし、日持ちが余りないのでちょっと考えることが良くあります。 そんなときにお勧めなのが「笹団子風味のラングドシャ“笹紗(さしゃ)” 」です。 軽くて安くて日持ち…
  • とんじる

    妙高市トン汁たちばなへ行ってきました!!

    新潟上越地区妙高市での有名なB級グルメの「トン汁ラーメン」があります。その中でもトン汁専門店の「たちばな」のトン汁ラーメンを食してきました。トン汁だけでこれだけのお店を作っているのは立派です。 トン…
  • 十日町丸茄子

    東京の十全なす??

    我が家の近くのスーパーで十全茄子をみつけました。 おお!!ようやく新潟の十全茄子を販売するのか!! と喜び勇んで十全茄子を買いました。勿論、浅漬けにして食べるつもりでした。 しかし、何とその中身は十日町農協が今売り…

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る