カテゴリー:水産加工

  • 新潟地魚寿司盛り合わせ

    前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟訪問の際での締めの楽しみは、駅構内、駅周辺で寿司を食べて、日本酒をひっかけ そのまま新幹線に爆睡することですが、 …
  • 南蛮えび丼

    新潟駅の南蛮海老丼

    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似ているからです。 南蛮エビは新潟の特産品で、我々が普段食べている北海道物や海外物に比べて、甘味がより強いのが特徴です。…
  • 田塚屋のショッパイ、魚卵塩辛

    |田塚屋の魚卵の塩辛 いわゆる昔の鯛の子ですが、今や鱈の魚卵を使っています。 鯛の産地の柏崎の特産品です。 いまでは鯛の子では作っていないので昔のイメージも利用して 鯛の子印の魚卵の塩辛と呼んでいます…
  • 鹿瀬のメダカ

    鹿瀬のメダカ(かのせのめだか)

    珍しいものを見つけました。 メダカの佃煮です。 と言うと普通の人は驚きですが、 新潟では依然、メダカを食べていました。 メダカは田んぼのどこにでもいて、冬の重要なタンパク源だったそうです。 …

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る