新潟新発田 市島酒造 生原酒

地区:

概要: かなり強くて辛口 市島の生原酒

市島酒造生原酒

スポンサードリンク

新潟駅のCoCoLoで可愛い販売の女性に薦められて

新発田の市島酒造のお酒を買いました。

市島酒造は王紋ブランドで知られています。

生の原酒という企画で珍しさと女性の可愛らしさで買ってしましたが、

かなり日本酒好きには嬉しいかもしれません。

この企画は生酒本舗という蔵でしか味わえない生原酒をそのまま味わうという企画です。

日本酒の風味がたっぷり味わえます。

 

生原酒とは加熱殺菌処理と加水を行っていないお酒のことです。

生原酒は生きているお酒です。

そのために保管には低温で暗所で行います。

空気に触れると劣化するために早めに味わうことが必要です。

 

この市島酒造の生原酒の味は新潟の日本酒らしくかなりの辛口で端麗でした。

原酒と言うことでアルコール度がなんと19度もあります。

お猪口3杯くらいで充分酔えます。

賞味期間は生ということで冷蔵で1か月ですが、

なるべく早い方が蔵出し直ぐの風味が楽しめます。

原材料は国産米の五百万石です。

 

多分冬春の企画なのでしょうが、

他の新潟の酒造メーカーもありました。

来年は他のメーカーさんを買ってみます。

ちょっとした新潟のお酒のご紹介でした。

お値段は500mlで¥1,836です。

 

市島酒造

スポンサードリンク

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  2. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  3. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る