新潟地魚寿司盛り合わせ

地区:
季節:

概要: 新潟の地魚のお寿司弁当

スポンサードリンク

前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、

今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。

新潟訪問の際での締めの楽しみは、駅構内、駅周辺で寿司を食べて、日本酒をひっかけ

そのまま新幹線に爆睡することですが、

時間がない方にはこの『新潟の地魚寿司の盛り合わせ』がお薦めです。

これも、新潟駅構内のCoCoLo万代けんこう市場で販売しています。

駅正面改札の隣りにあるスーパーの中にあります。

 

新潟は、東京では味わえない美味しい地魚の宝庫です。

寿司屋さんも地魚をたくさん食べさせてくれ、レベルかなり高いので

新潟のお寿司はお薦めです。

のどぐろ、やなぎかれい、いしだい、あら、ほうぼう、はたはた、なんばんえび、くろだいの8巻入って1,000円でした。

 

新潟は特に、ノドグロが有名ですが、ヤナギカレイも名物です。

ほうぼうも東京ではめづらしいはずです。

白身魚ばかりで、どこでも食べられるマグロなどは入っていません。

本当の魚好きにはたまらないお寿司の詰め合わせです。

新潟初心者にもお薦めです。

ぜひ、一度味わってみてください。

 

スポンサードリンク

一押しショップ:CoCoLo万代けんこう市場

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  2. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  3. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る