東京の十全なす??



概要:

十日町丸茄子

スポンサードリンク

我が家の近くのスーパーで十全茄子をみつけました。
おお!!ようやく新潟の十全茄子を販売するのか!!
と喜び勇んで十全茄子を買いました。勿論、浅漬けにして食べるつもりでした。
しかし、何とその中身は十日町農協が今売り出している丸ナスでした。黒十全茄子に姿かたちは似ていましたが、一回りも二回りもサイズが大でした。
十日町の丸茄子は山形の米沢農協開発の梵天丸ナスです。漬け物にも向いているのですが、主に油と一緒に炒めるのが主な食べ方です。浅漬けで食べる十全茄子とはまるで違うタイプです。

買ったスーパーはサカガミという東京でも高級スーパーに属します。バイヤーさんもう少し勉強してください。新潟の茄子のすべてが十全茄子ではないのです。まだまだ十全茄子の地位は東京では低くいようです。

十日町丸茄子、生で食べてみましたが、いただけません。油いためは美味しかったです。

因みに岩手さんの水ナスと称するものも買ってみましたが、これも泉州水ナスとはまるで違う普通の長茄子でした。少しもみずみずしくなかったです。小売りの皆さん、曖昧な知識でブランドを偽るのはやめましょう。

スポンサードリンク

IMG_20160813_181335

 

IMG_20160813_181339

該当地:東京都練馬区練馬

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  2. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  3. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る