鹿瀬のメダカ(かのせのめだか)

地区:

概要: メダカの佃煮

鹿瀬のメダカ

スポンサードリンク

珍しいものを見つけました。

メダカの佃煮です。

と言うと普通の人は驚きですが、

新潟では依然、メダカを食べていました。

メダカは田んぼのどこにでもいて、冬の重要なタンパク源だったそうです。

冬はメダカも脂が乗るのでしょうか・・。

詳しくはメダカの佃煮を参照ください。

鹿瀬のメダカ

 

鹿瀬のメダカは阿賀町の鹿瀬という地区のうるめっこ組合で作られています。

メダカの養殖をおこなっているとか・・・。

奥阿賀の珍味鹿瀬のメダカで販売しています。45g入り 一瓶840円でした。

最初は恐る恐る食べましたが、ちょっと苦味があって日本酒には合いました。

私の父母も食べていたのでしょうか?

私の体の一部はメダカで作られたかもです。

 

鹿瀬のメダカ

 

ちょっと驚きの商品ですが、

うるめの佃煮で他社も販売しています。

「うるめ」とは新潟でメダカのことをこう呼びます。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  2. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  3. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る