地区:

概要: からいすけ本舗製造のかぐら南蛮味噌

スポンサードリンク

「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。

かぐら南蛮味噌の商品ブランド名です。

湯沢のからいすけ本舗が製造です。

昔はよく使った言葉だすが、今の人使わないかな???。

言葉でついつい買ってしまいまました。

新潟駅の「ぽんしゅ館」で購入しました。

 

かぐら南蛮の若い時に作る青と熟成したかぐら南蛮で作る赤がありますが、

どちらもそれぞれ辛いです。

メーカいわく、

赤の魅力が熟成されたまろやかな辛みだとすれば、

緑(あお)の魅了は香りとキレのある辛み。それぞれ個性の異なる美味しさ

 

ということです。

これからソーメンの季節に薬味に合います。

ラーメンにも合うし、マヨネーズとあえてキュウリなども食します。

 

お値段が65gで515円です。

ちょっとお高めです。

新潟弁で言うと「た~けすけ」になります。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  2. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  3. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る