過去の記事一覧

  • 浜焼き

    新潟の浜焼き(はまやき)

    |はま焼き 浜焼きと漁港で多くとれた魚をまるごと竹串にさして丸焼きにする新潟の地方調理法です。 浜の砂の上で材木などでたき火を作りその周辺に刺した魚を砂に火を囲むように焼きました。 焼くことで脂も抜けて香ば…
  • 鮭の焼き漬け

    鮭の焼き漬け

    鮭大好きの新潟の人たちは鮭を焼いて更に美味しくするために、焼きたての鮭をみりんや酒、だしで作った醤油だれに漬けて一晩寝かせます。そのまま食べてもいいし、少しあぶって食べてもおいしく、焼き鮭とは違った味わいを楽しめます。日…
  • 芋味噌新潟

    芋味噌

    阿賀野川流域は里芋が良く作られていてその流域で一般的な郷土料理です。里芋を味噌で煮た単純な料理ですがご飯によく合います。秋の収穫を終えてお月見のころに作られて食されていました。冬の温まる食べ物で朝ごはんによく出されます。…
  • 氷頭なます

    氷頭なます(ひずなます)新潟

    鮭大好き県の新潟に伝わる鮭の郷土料理です。その他、北海道、青森、岩手県の沿岸部で食されています。氷頭とは鮭の鼻先の軟骨の部分のことを指していて氷のように透きとおっているためこのように呼ばれるています。なますとは酢であえた…
  • 大根と川エビの酒粕煮

    昔の阿賀野川水系の駒林川、新井郷川、今はほとんど埋め立てられた福島潟などでとれた川エビ・手長エビを使って粕煮にした郷土料理です。以前は川エビは沢山取れてサイズも今の倍くらいはありました。エビはカルシウムが豊富で貴重な栄養…
  • めだかの佃煮

    メダカのつくだ煮(うるめのつくだ煮)

    新潟ではなんとメダカまで食べていました。田んぼや水路に沢山いたメダカを11月頃にとってつくだ煮にして貴重な冬のタンパク源にしていました。また、長岡の一部地域や小千谷では夏場にメダカを味噌汁に入れて食べていてみそ汁の具にも…
  • わっぱ煮

    わっぱ煮

    わっぱ煮(わっぱに)とは、新潟県の日本海の島、粟島(あわしま)に伝わる郷土名物料理です。スギなどの曲げわっぱに地元でとれた新鮮な焼いた魚(メバル・カワハギ・アブラコ)、味噌を、ネギを入れてよく焼いた石を入れて作る豪快な漁…
  • 茄子の油いため

    なすの油炒め

    新潟は茄子の国でもあります。日本一茄子を生産して日本一茄子を食べています。新潟はナスの種類も実に多いところです。丸なす、長なす、鉛筆なす、十全なす、水なす、漬けなす、巾着なすなどがあり。漬物はもちろん、焼いたり炒めたりし…
  • だんごおこわ

    だんごおこわ

    新潟では醤油で作った醤油おこわがありますが、醤油おこわと団子を層状に重ねていく郷土料理です。団子は白玉粉を使ったり、もち粉を使ったりし、中にあんこを入れる地区もあります。岩室の角屋が「おこわだんご」を販売していますが、少…
  • ずいきなます

    ずいきなます

    里芋の一種である八つ頭の茎を“赤ずいき”と呼びます。八つ頭は子芋が分球しなででこぼこのいびつな形の里芋ですが、生産量が少なく高級品になります。ずいきは長岡野菜、柏崎野菜、上越野菜に指定されています。その茎を酢漬けにしたも…

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る