過去の記事一覧

  • 茄子の泥漬け(どろづけ)

    |茄子泥漬け 茄子王国の新潟でも珍しい茄子を泥を漬け床にする漬け方です。 旧安田町(現阿賀野市)は上質の粘土を産出していて昔から瓦を焼いていました。 瓦は安田瓦として有名です。 その粘土を主体に砂を少し入れて…
  • 蒸しなす

    蒸かし茄子(ふかしなす)(なすぶかし)

    |ふかし茄子 余り他の地域では茄子を蒸かして食べる習慣はないようですが、 新潟では茄子を蒸かして蒸しなすで食べるのは割と一般的です。 蒸しナスは県民の夏の暑さをしのぐ新潟の郷土料理なのです。 茄子王国…
  • 辛子茄子

    辛子茄子(からしなす)

    |辛子茄子 からしなすは茄子を溶いた和がらしに漬ける漬物です。 新潟は日本一の茄子文化の県ですが、多くは浅ずけで食べています。 もう一つの愛する茄子の調理法がこの茄子なす漬けです。 夏の暑いときのから…
  • 浜焼き

    新潟の浜焼き(はまやき)

    |はま焼き 浜焼きと漁港で多くとれた魚をまるごと竹串にさして丸焼きにする新潟の地方調理法です。 浜の砂の上で材木などでたき火を作りその周辺に刺した魚を砂に火を囲むように焼きました。 焼くことで脂も抜けて香ば…
  • おいな汁

    |おいな汁 柏崎市南鯖石(みなみさばいし)地域に伝わる特産の土垂れ里芋を使った郷土料理です。 土垂れ里芋を主体に人参、牛蒡、厚揚げ、大根、長ネギ、豚肉、こんにゃくなどを具沢山に入れた栄養満点の醤油味の野菜煮込みです。…
  • 鮭の焼き漬け

    鮭の焼き漬け

    鮭大好きの新潟の人たちは鮭を焼いて更に美味しくするために、焼きたての鮭をみりんや酒、だしで作った醤油だれに漬けて一晩寝かせます。そのまま食べてもいいし、少しあぶって食べてもおいしく、焼き鮭とは違った味わいを楽しめます。日…
  • もち雑煮

    餅雑煮

    新潟のお雑煮は名前のようにいろいろな材料を沢山入れて餅煮にして、お椀の中を一杯にするもち雑煮です。具の下におもちがこっそり隠れている感じです。特に大根のスライスしたものを沢山入れ、鮭とイクラを入れたりもします。鮭県の新潟…
  • 醤油おこわ

    醤油赤飯(醤油おこわ)

    新潟ではお祝い事や仏事、お祭りなどで出されるのは赤い赤飯ではなく、醤油で味付けした茶色の醤油おこわがよく出ます。。特に長岡・中越地区では醤油おこわが一般的です。豆は小豆を使わずに金時豆を使い、ヒジキやクリなども入れたりし…
  • 芋味噌新潟

    芋味噌

    阿賀野川流域は里芋が良く作られていてその流域で一般的な郷土料理です。里芋を味噌で煮た単純な料理ですがご飯によく合います。秋の収穫を終えてお月見のころに作られて食されていました。冬の温まる食べ物で朝ごはんによく出されます。…
  • 煮菜

    煮菜(にな)

    煮菜とは新潟ではごくごく一般的な家庭料理で、字の通り菜っぱを煮たものですが、他と違うのは漬けものの菜っ葉を煮つけることです。秋11月につけた菜っ葉、主に体菜(とうな)が使われますが、雪国新潟の冬の野菜の補充食です。 漬…

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る