こまどり 新潟濃厚味噌ラーメン発祥の店

地区:
季節:

概要: 新潟濃厚味噌ラーメンの原点を食べた!

こまどり 味噌ラーメン

スポンサードリンク

新潟こまどり

ご存知の新潟濃厚味噌ラーメンを生み出した旧西蒲の巻町の「こまどり」です。

居酒屋さんのような名前ですが、元々は居酒屋さんのメニューの一つの味噌ラーメンが評判を生んで

ラーメン屋さんになったそうです。

北海道の札幌の味噌ラーメンの繁盛店「けやき」も料理屋さんのメニューからの発展で同じストリーですが、

こちらのこまどりさんのほうがずっと古いのです。

味噌ラーメンにはお約束の割スープがついてきますが、新潟の人以外は少し

しょっぺい!!

かもしれません。

もともと越後はしょっぱい味噌は日ごろから食していました。

こまどり味噌ラーメン

 

いかにも濃厚そうな味噌スープに「もやし、キャベツ、ひき肉、きくらげ」が

入っています。

まるでお家で作る味噌ラーメンですがそれが人気のようです。

かあちゃんの味噌ラーメン

の感じですが、開発者は父ちゃんです。

こまどり味噌ラーメン

 

麺は太麺です。

もやしと同じくらいの太さです。

こまどり醤油ラーメン

嫁が頼んだ「わかめラーメン」は細麺です。醤油味でさっぱりしてました。

こまどりメニュー

 


こまどり

お店の隣にある夜は居酒屋さんです。

こまどり

お店の入り口です。

お昼時はかなり並びます。

今回は10名ほど並んでいて15分くらいで入れました。

こまどり店内

 

こまどりは西蒲地区ののどかな田園地区にあります。

角田山がすぐそばです。

IMG_20160512_122313

 

IMG_20160512_122253

スポンサードリンク

新潟こまどり

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  2. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  3. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る