新潟かつ丼 政家(まつりや)のタレカツ丼

地区:

概要:

まつりや

スポンサードリンク

新潟駅南口のドンキホーテ2Fの新潟カツ丼専門店の政屋(まつりや)に行ってきました。

勿論目当てはタレカツ丼です。

政屋さんは沼垂に本店がある「とんかつ政ちゃん」の経営です。

とっかつ政ちゃんはタレカツ丼の発祥の店「とんかつ太郎」で修行して

昭和40年に開業された店です。

新潟市内に「とんかつ政ちゃん」4店舗 、「政屋」は2店舗あるようです。

 

 

matsuriya

 

並盛です。

美味しいご飯に合うタレカツ丼です。

満足です。

新潟のタレカツ丼のベースはソースではなく醤油です。

どこかで味わった感じでした。

そうでした、この味は天丼のタレの味に似ています。

 

matsuriyakare

サブメニューでカレーうどんをオーダーしました。

これもまた美味でした。

そのほかカツ丼テーマの色々なメニューがあります。

お店は賑わっていましたが、食事が出てくるのが遅い感じがしました。

 

(住所)

新潟県新潟市中央区南笹口1-1-1ひもろぎビル2F (ドンキホーテ2F)

 

スポンサードリンク

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  2. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  3. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る