長岡レストラン・ナカタの洋風カツ丼

地区:
季節:

概要: 長岡洋風カツどんの名店です

長岡洋風かつどん

スポンサードリンク

長岡のB級グルメの代表格洋風カツ丼の名店のレストランナカタに行ってきました。長岡駅から5分くらいの商店街にありましたが、御多分に漏れず商店街はシャッター通り化しています。

IMG_20160722_141334 (1)

 

急な階段を上った2階にあります。

IMG_20160722_141303

 

IMG_20160722_141231

早速ランチでオーダーします。

2016-0722-134954098

 

夜はコースになっています。

 

2016-0722-135142916

 

さて食した感想ですが、
カツ丼というよりはカツカレーの感じです。カツもサクサクしていてカツカレーが好きな人は外せないでしょう。カツ丼をイメージすると少し違うかな?というところです。ソースはケッチャップベースです。総合点は値段の割には非常にパフォーマンスが高いと思います。

2016-0722-135823812

 

印象はご飯が特に美味しかったです。

お店はとってもレトロな洋食屋さんです。

何かホッとする懐かしさにあふれています。

2016-0722-134832577 (1)

いつまでも残した昭和の香りがたっぷりです。是非長岡に行った際にはお尋ねください。

ランチも安く2時過ぎに行ったのですが、サラリーマンの人がほぼ満席でランチを楽しんでいます。

多分昼時は並んでいるのかも知れません。

スポンサードリンク

長岡洋風カツどん

 

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  2. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  3. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る